文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

ワクチン保管の冷蔵庫、職員が確かめたら「温度12度」…計1002回分を廃棄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 北海道釧路市は20日、冷蔵庫に入れた新型コロナウイルスワクチン計1002回分を、品質管理できない温度で保管していたとして、廃棄処分にすると発表した。

ワクチン保管の冷蔵庫、職員が確かめたら「温度12度」…計1002回分を廃棄

釧路市役所

 市によると、廃棄するのは米ファイザー製ワクチン。20日から始まる集団接種に使うため、19日から会場に用意した冷蔵庫について、庫内の温度が3度になっていることを確認し、ワクチンを収納した。しかし20日朝、職員が確かめたところ、ワクチンの品質を維持できる温度よりも高い12度になっていた。集団接種には別のワクチンを解凍して対応したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事