文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

菅首相が会見、医療逼迫の兆しあれば「酒類提供一律停止やイベント制限厳格化」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 菅首相は17日夜、首相官邸で記者会見し、新型コロナウイルス対策に関して「今後、何よりも警戒すべきことは、大きなリバウンド(感染再拡大)を起こさないことだ」と強調した。

 政府はこの日、東京など9都道府県で新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を解除し、うち7都道府県は宣言に準じる「まん延防止等重点措置」に移行することを決めた。首相は記者会見で「大事なことは、対策を継続して感染者数の上昇をできるだけ抑え、同時に一日も早くワクチン接種を進めて医療崩壊を起こさないことだ」と述べた。

菅首相が会見、医療逼迫の兆しあれば「酒類提供一律停止やイベント制限厳格化」

緊急事態宣言解除などについて記者会見する菅首相(右は新型コロナウイルス対策分科会の尾身会長)(17日、首相官邸で)

 感染再拡大によって医療提供体制が 逼迫ひっぱく する兆しが見られた場合は、「酒類提供の一律停止や、より厳格なイベントの開催制限など、対策の強化も含め機動的に対処する」とも語った。

 今夏の東京五輪・パラリンピックについて首相は、「安全・安心に開催し、大会期間中の感染拡大を抑え、終了後の感染拡大防止にもつなげていくことが不可欠だ」との見解を示した。国民に対しては「家でのテレビ観戦などを通じ、アスリートを応援してもらいたい」と呼びかけた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事