文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[女優 南野陽子さん](下)更年期まっただ中! 頭痛にめまい、変な汗…あらがわず「はい、今日はしんどい日」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 18歳でアイドルとしてデビューした南野陽子さんは、36年の歩みの中で大人の女優へと転身を遂げました。映画にドラマにと姿を見ない日はないくらいの活躍ですが、キャリアを重ねる一方で、自身の体調に変化も感じていたそうです。アラフィフになってますます輝く南野さんが語る、“ナンノ式更年期との付き合い方“とは?(聞き手・飯田祐子、撮影・小倉和徳)

普通のお母さんを演じたかった

[女優 南野陽子さん](下)私の人生、あと30年? 「違う」と言われても自分貫いたら道が開けた

 ――4年前にも、インタビューでヨミドクターにご登場くださいました。その時は、実年齢より若く見られるのが悩みだとおっしゃっていましたね。

 女性の40歳くらいといえば、多くの人はお母さんになってますよね。でも私はアイドル時代のイメージが強かったのか、40代の時には普通の母親の役がなかなか来なかったんです。

 等身大の女性を演じてみたいと思っても、オファーがあるのは、生活感が希薄な若い人の役。私だっていつまでも若々しくありたいとは思いますが、美容や健康に気を配って生き生きとするほど、仕事の幅が広がらなくなるように思えて、板挟みでした。

 ――夢を売る仕事ですから、外見も磨き続けなくてはなりませんよね。トップアイドルの「ナンノ」をブラウン管テレビで見ながら大人になった世代としては、そんなジレンマに悩んでいたと聞くとちょっと複雑です。

 アイドル時代は、衣装や演出など自分で考えた通りにやらせてもらっていたのですが、その後は、自分の色をなかなか出せない時期が続きました。どう演じるか考えて現場でやってみると、「台本に書いてある通りにしてくれればいいです」って。そうなんですけど……ちょっとさみしい。「私らしさなんて、求められていないのかな」と、自分を出さないようになっていました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事