文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

詠んで生きるフレイル<3>俳句カルタ 対話の契機に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
詠んで生きるフレイル<3>俳句カルタ 対話の契機に

鳥羽さんが高齢者の診療をする際に活用していた俳句カルタ。読み札と絵札の2枚1組

 <大根干す壁に投げたる まり のあと>

 俳句と組になる絵札には、ずらりと干された大根の絵。背景の白い壁には点々と子らが投げた毬の跡が残る。昔の農村の風景だ。

 この俳句カルタを作ったのは、東京都健康長寿医療センター(板橋区)理事長の鳥羽研二さんの両親。2人とも、山口 青邨せいそん の結社「夏草」所属の俳人だった。老年医学が専門の鳥羽さんは、認知症などの診療に使うため、何組も複製した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事