文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

医療・健康・介護のコラム

口の中の健康(2)幼児のむし歯、どうする?…進行抑えて3歳頃から徐々に治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 このシリーズでは、大阪大の仲野和彦教授に聞きます。(聞き手・村上和史)

口の中の健康(2)むし歯治療 3歳から徐々に

 ある日、むし歯の男児(2)と母親が来院しました。前歯は黒っぽくなって溶けています。母親は我が子をむし歯にしてしまったと悔やんでいました。

 むし歯は、乳歯が生えてくる生後6か月頃より後に、むし歯菌とも呼ばれる「ミュータンス菌」が口内にすみ着き、酸を生み出すことで起きます。菌は家族の唾液からうつりますが、これを完全には防ぐことはできません。スキンシップに対して神経質にならず、家族も口の中を清潔に保つよう心がけてください。

 発症には菌の餌となる糖分が不可欠です。ですから、普段の歯磨きで口の中の菌を減らすと同時に、砂糖の摂取を控えることが、むし歯予防には大切です。

 3歳以下の子どもは、あまりむし歯になりませんが、例えば兄や姉と同じ量のお菓子を食べていると発症することが多くなります。保護者には、まず子どもの食習慣と歯磨きの仕方を見直すよう指導しています。

 子どもは機械音などを非常に怖がるので、治療は男の子が3歳半、女の子は3歳くらいになるまで非常に困難です。冒頭の男児のケースでは、むし歯に「フッ化ジアンミン銀」と呼ばれる液体を塗って進行を抑え、成長を待つ間に医療機器などに慣れてもらう「時間稼ぎ」をしました。乳幼児期のむし歯治療は、1回では終わらないと思って受診してください。

 日本小児歯科学会の専門医は小児科の心得も学んでいるので、鏡で本人に治療の様子を見てもらうなど、不安を取り除く工夫をします。ただ、既に痛みや腫れなどの症状があれば、体を押さえつけてでも治療しなければいけないことがあります。歯科治療をより怖がるようになるかもしれないので、なるべく避けなければなりません。

仲野和彦 日本小児歯科学会専門医指導医

【略歴】
 仲野和彦(なかの・かずひこ) 日本小児歯科学会専門医指導医。大阪大卒。阪大准教授を経て2014年から現職。博士(歯学)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事