文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

クリーミーミルクリゾット…“まとまり”と“なめらかさ”がアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、レトルトのお (かゆ) を使用したリゾット風をご紹介します。

 「お粥一品でエネルギーもたんぱく質もとれるといいのに」

 訪問先でお聞きすることの多いこの言葉。おかゆを食べることになった理由には、 口腔(こうくう) 機能の低下だけでなく、認知機能の低下やこだわりで「お粥しか食べない」という場合もあります。

 実際に私が関わった方は、お粥しか食べないうえ、「白いものしか食べない」というこだわりもありました。その方に関わる中で考えたレシピです。

レトルトのお粥に、スキムミルクとチーズを入れることで、“まとまり”と“なめらかさ”がアップし、レトルト粥をそのまま食べるよりも、口当たりがよくなります

 お粥は食べやすく、のど越しが良いので、高齢の方には好まれることが多いものです。

 ただし、ご飯からお粥に変えた時には、エネルギーが不足してしまう可能性があるため、その分を補う必要があることを、周りの人が忘れないようにしましょう。

[作り方]

(1) スキムミルクは、小さじ2の水(分量外)で溶く。

(2) プロセスチーズは0.5cm角に切る。

(3) 鍋にレトルト粥、(1)、(2)のチーズの2/3量、コンソメ 顆粒(かりゅう) を入れて火にかけ、弱火で3~5分煮込む。

(4) 器に盛り付けて、(2)の残りのチーズ、黒コショウをトッピングする。ブロッコリーなどをゆでておき、小さく刻んで飾るとよい。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事