文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

病院や施設に配布するコロナ抗原検査の「簡易キット」って?…15~30分で判定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
教えて!ヨミドック-小見出しコロナ抗原検査 簡易キットとは…すぐに判定 広く配布へ

   新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で、厚生労働省が病院や高齢者施設に抗原検査の簡易キットを配布するって聞いたよ。

  ヨミドック  感染者を早く見つけるのが狙いです。軽い風邪のような症状がある人が実際に新型コロナに感染している割合は、無症状の人の9倍というデータがあります。症状が出始めた人の感染の有無を積極的に調べる意義が高いことがわかってきました。

 簡易キットは、短時間で感染の有無を判定できる特長があります。ウイルス量が多い人には精度が高いと言われます。

   それはいいね。仕組みを教えてよ。

   ウイルスは特有のたんぱく質(抗原)で人の細胞にくっつき、感染します。このたんぱく質を検出するのが、抗原検査です。

   簡易キットは、どんなもの?

  手の上に乗る小さな容器のようなものです。中心部に抗原に反応する物質が塗られています。鼻などから採取した検体に処理液を混ぜ、キットに垂らし、15~30分待ちます。ラインが出れば、陽性です。

コロナ抗原検査 簡易キットとは…すぐに判定 広く配布へ

   PCR検査とどこが違うの?

   PCR検査はウイルスの遺伝子を増殖させて、感染の有無を確かめる方法です。専用の分析装置が必要です。装置のある場所に検体を運ぶ時間や、判定する時間を含めると、結果が分かるまで数時間はかかってしまいます。

   簡易キットはたくさんあるの?

   厚労省の製造販売承認を受けているキットは、富士レビオ(東京)、デンカ(東京)、タウンズ(静岡)など、10社以上が手がけています。供給量などは発表されていませんが、1か月に100万回分を供給できる会社もあるそうです。多くの人が何回でも検査を受けられればいいですよね。

   病院や高齢者施設に配布して……その後は?

   簡易キットを使った検査を、企業などで定期的に実施したり、イベント前に受けたりすることなどが考えられます。

 海外では、自分で採取した検体を使って自宅で判定する動きもあるようです。新型コロナの収束に向けた検査戦略になるかもしれません。

 (辻田秀樹/取材協力=野中祐行・タウンズ営業本部長、舘田一博・東邦大教授)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事