文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

変わる甲状腺がん治療<4>分子標的薬で日常維持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 甲状腺がんの手術や、放射性ヨウ素を飲む「アイソトープ治療」が適さない場合の選択肢として、近年、分子標的薬が登場した。特定の分子に働きかけ、がん細胞の増殖を抑える。

変わる甲状腺がん治療<4>分子標的薬で日常維持

「この薬のおかげで、今まで通りの生活ができている」と語る池角さん

 千葉県松戸市の会社員池角満哉さん(64)は、治験段階だった2012年から分子標的薬「レンバチニブ」を服用している。この薬は、新たに血管を作る働きなどを抑えることでがん細胞の栄養源を断ち、がんを小さくする効果が期待できる。

 池角さんは07年以降、2度の手術で甲状腺のほか、心臓の周りのリンパ節に転移したがんを切除した。その後、首のリンパ節にも転移が見つかり、11年にアイソトープ治療を試したが、効かなかった。

 甲状腺がんの中で、進行が遅いタイプの「乳頭がん」だったので様子を見ていたが、1年後、がんは大きくなった。他の病気でも大きな手術を経験してきた池角さんは「もう受けたくない」と思っていた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事