文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

遺族「火山と共存できる街づくりを」…普賢岳・火砕流30年、鎮魂の祈り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 43人の死者・行方不明者を出した長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から、3日で30年となった。被災地の同県島原市では犠牲者の追悼式が営まれ、遺族や消防、行政、報道の関係者ら約150人が鎮魂の祈りをささげた。

遺族「火山と共存できる街づくりを」…普賢岳・火砕流30年、鎮魂の祈り

 5年ごとの節目には、遺族を招くなど例年より規模を拡大していたが、今回は新型コロナウイルス下のため来賓を減らして屋外で開催。雨の中、同市仁田町の仁田団地第一公園の「雲仙普賢岳噴火災害犠牲者追悼之碑」前で、全員で黙とうした後、古川隆三郎市長が「志半ばで犠牲となられた皆さんの無念の気持ちを察すると、万感胸に迫る。災害で得た経験を後世につなげたい」と述べた。

id=20210603-249-OYT1I50061,rev=3,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

噴火災害犠牲者追悼之碑の前で献花する遺族たち(3日午前、長崎県島原市で)=浦上太介撮影

 その後、遺族らが碑の前の献花台に花を手向け、消防団員だった夫の大町安男さん(当時37歳)を亡くした妻・ 寿美すみ さん(64)が遺族代表であいさつし、「災害の歴史を風化させることのないよう努め、火山と共存できる街づくりに貢献できるよう、がんばっていきます」と語った。

  ◆雲仙・普賢岳の大火砕流 =1991年6月3日午後4時8分に発生。普賢岳の麓の島原市 上木場かみこば 地区で警戒に当たっていた消防団員12人と警察官2人のほか、住民6人、火山学者3人、報道関係者16人、タクシー運転手4人が巻き込まれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事