文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

路上に倒れていた女性、声かけるとうめき声…救急車到着まで話しかけ続けた高校生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 路上で倒れていた高齢女性に声を掛け、すぐに救急車を呼んで救助につなげたとして、福井県警福井署は、福井市の県立羽水高2年の男子生徒(16)に感謝状を贈った。

 男子生徒は5月1日午後4時頃、下校中に福井市内の路上で高齢女性が倒れているのを見つけた。右腕は自転車の下敷きで、起き上がろうとする様子はなく、命の危険もあった。「やらないといけない」。とっさに体が動いた。

路上に倒れていた女性、声かけるとうめき声…救急車到着まで話しかけ続けた高校生

福井県警察本部

 「大丈夫ですか」と話しかけると、女性はかすかなうめき声で応えた。すぐに携帯電話で119番。偶然通りかかった男性と一緒に、救急車が到着するまで女性に話しかけ続けた。女性は現在、命に別条はないという。

 感謝状の贈呈式は5月24日に福井署であり、高山徹也署長は「コロナ禍もあり、人と関わることを避けがち。素通りしてもおかしくなく、立派だった」と述べた。

 普段は「初対面の人に話しかけるのは苦手」という男子生徒は、保健の授業で学んだ人命救助の知識を生かすことができたという。感謝状を受け取り、「これからはやったことがないことに挑戦してみたい」とはにかんだ表情を見せた。

 式に同席した父親(47)は「周りに迷惑をかけず、困っている人を助けるような優しい気持ちを持つ子に育った。父として誇りに思う」と目を細めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事