文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

神戸で新たな変異ウイルスを国内初確認…英国型にインド型が加わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 神戸市は1日、新型コロナウイルスに感染した50歳代の男性の検体から、感染力が強いとされる英国型に、インド型の変異が加わった新たなウイルスが国内で初めて確認されたと発表した。

神戸で新たな変異ウイルスを国内初確認…英国型にインド型が加わる

神戸市役所

 市が男性の検体をゲノム(全遺伝情報)解析などしたところ、英国型「N501Y」と、インド型の一部にみられる「E484Q」の2種類の変異が確認された。「E484Q」の変異はワクチンの効果を弱める可能性も指摘されている。

 男性は市在住で5月17日に感染が判明。軽症で自宅療養していたが、回復している。男性や家族に最近の海外渡航歴はないことから、市は「すでに市内で広がっている英国型に感染後、男性の体内で変異が加わったことも考えられる」とする。

 市によると、この2種類の変異を持つウイルスは世界で150例ほど報告されている一方、最近ベトナムで見つかった変異ウイルスとは別のタイプという。男性の濃厚接触者は感染していないため、市は現時点で新たな変異ウイルスが流行する恐れは低いとみている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事