文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント 磯野貴理子さん

一病息災

[タレント 磯野貴理子さん]脳梗塞(4)「嫌だと思う人には会わないで」と医師の勧め ストレス減らす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[タレント 磯野貴理子さん]脳梗塞(4)毎日楽しく 「普通」に感謝

 

 高層階だった病室の窓は、わずかしか開かなかった。顔をくっつけるようにして、外の空気を吸った。

 50歳の時、脳 梗塞こうそく で約1か月半の入院生活を送った。自由に出歩けないつらさに、普通に生活できていたことの、ありがたさを身に染みて感じた。

 「病気を経験して、生意気だったのが少し謙虚になったかも。何事にも感謝の気持ちを、大事にするようになりました」

 脳梗塞にはストレスが良くない。入院中に医師からは、「磯野さん、これからは嫌だと思うことはしないでください。嫌だと思う人には会わないでください」と言われた。現実にはなかなか難しいが、できるだけストレスは減らすように努めている。

 テレビのバラエティーやドラマに、忙しい毎日を送っている。

 「仕事ができるのも、何より健康だから。病気になるまで働いてしまっている人も多いと思いますけど、『まず、体が大事』と訴えたいです」

 アントニオ猪木さんの名言「元気があれば、何でもできる」が、退院後の座右の銘だ。

 「一日一日、健康でいられることに感謝して、毎日を楽しく生きていけたらいいなと思います」

(文・田村良彦、写真・米山要)

タレント 磯野貴理子さん(57)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント 磯野貴理子さん

最新記事