文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

救急救命士と臨床検査技師による接種、同意あれば可能に…厚労省「技術的基盤ある」と判断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は、救急救命士と臨床検査技師による接種(注射)を認める方針を決めた。接種人材の確保を議論する同省の有識者検討会が31日に開かれ、了承された。同省は近く、救急救命士と臨床検査技師による接種を認める場合の条件などを各自治体に伝える。

救急救命士と臨床検査技師による接種、同意あれば可能に…厚労省「技術的基盤ある」と判断

厚労省

 現在、ワクチン接種は医師、看護師と、特例で認められた歯科医師が担っている。救急救命士(免許取得者約6万4000人)、臨床検査技師(同20万人)についても、自治体が医師や看護師を確保できない場合に、必要な研修を受けた上で、接種を受ける人の同意を得た場合に限って、特例で接種を認める。公共施設などでの集団接種会場での接種を想定している。

 救急救命士は、命の危険がある人などに対して救急救命処置として薬剤を投与し、臨床検査技師も、血液検査のための採血を行っている。こうしたことから、同省は、両者にはワクチン注射に関する技術的基盤があると判断した。同省は今後、コロナワクチン接種で行われる筋肉注射についての研修内容や、接種を受ける人への同意の取り方について検討する。

 このほか、有識者検討会では、接種会場で看護師が注射に専念できるよう、医師の問診のサポートや接種後の健康観察業務への協力を、薬剤師や診療放射線技師、臨床工学技士らに依頼することも了承された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事