文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

 かわいがってきた犬や猫と最期まで一緒に暮らしたい――。そんな願いをかなえてくれる全国的にも珍しい特別養護老人ホームが、神奈川県横須賀市の「さくらの里 山科」。そこで起きた人とペットの心温まるエピソードを、施設長の若山三千彦さんがつづります。

医療・健康・介護のコラム

「家族を殺した」と自分を責め続けた高齢者…私が「諦めない福祉」を追求するようになったわけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「家族を殺した」と自分を責め続けた高齢者…私が「諦めない福祉」を追求するようになったわけ

 私が、ペットと暮らせる特別養護老人ホーム「さくらの里山科」をつくった目的は、「諦めない福祉」という理念を追求するためです。

 介護が必要な状態になったために、旅行を諦めている高齢者は、私たちが介護して旅行に行けるようにしよう。おいしい物を食べることを諦めている高齢者は、私たちが介護して食べられるようにしよう。それが私の法人の方針でした。そこから、ペットと暮らすことを諦めている高齢者は、私たちが介護してペットと暮らせるようにしよう、と考えるのは自然な流れだったといえます。

 ただし、高齢者とペットの問題に目を向けるようになったのには、ある直接のきっかけがありました。佐野孝彦さん(仮名、80歳代後半)と愛犬のミニチュアダックスフントのレオ君の悲惨な運命に出会ったことです。

 身寄りのない佐野さんにとって、レオ君は家族同様、いや家族以上の存在でした。私の法人が運営する在宅介護施設「さくらの里」は、10年以上にわたって佐野さんを支援しており、仲むつまじい姿をずっと見てきました。自宅を何度も訪れたことがあり、互いに寄り添い、支え合うように暮らしている様子は、感動的ですらありました。

 しかし、佐野さんは年を取るにつれて体が弱ってきました。自力で歩くのも難しくなると、一人で暮らすのはもう限界でした。「さくらの里山科」は当時まだできておらず、とある老人ホームに入ることを決意したのですが、そこにレオ君は連れていけませんでした。

 佐野さんは必死にレオ君のもらい手を探しますが、高齢のレオ君を引き取ってくれる人は見つかりませんでした。老人ホームに入る日、知人に頼んで、レオ君を保健所に連れて行ってもらいました。それしかできなかったのです。

 その時、佐野さんは大粒の涙を流し、声を上げて泣いていたそうです。 慟哭(どうこく) はやむことがありませんでした。老人ホームに入居した1か月後に、うちのスタッフがお見舞いに伺いましたが、やはり泣いていたそうです。

 「俺は自分の家族を殺してしまったんだ」。そう言って自分を責め続け、2か月後も、3か月後も、泣いて暮らしていました。そして半年後、生きる気力をなくしたように息を引き取ってしまいます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

すばらしい取り組みです

猫の奴隷

とてもつらいお話です。私自身は現在、猫を3匹飼っております。飼い猫が人生の支えであり、猫たちの存在に助けられたことは数知れません。自分自身はまだ...

とてもつらいお話です。私自身は現在、猫を3匹飼っております。飼い猫が人生の支えであり、猫たちの存在に助けられたことは数知れません。自分自身はまだ30歳代前半ですが、一緒に暮らしてきた家族同然のペットと、人生の最後で離れ離れになることは、想像するだけで胸が詰まる思いです。確かに高齢者が寿命の長い生き物(犬や猫や鳥など)を無秩序に何匹も飼い始めたら、無責任だと感じるかもしれません。しかし、人生の最後に、残りの人生を支えてくれる伴侶のような存在のペットを飼いたいと願うことは、そんなにもぜいたくな願いなのだろうか? とも感じます。願わくば、高齢者の方が年齢を理由にペットを飼い始めることを諦めることがないような、余裕のある社会になってくれることを願っています。「さくらの里山科」のような、素晴らしい取り組みの施設が全国で増えていきますよう、願っております。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事