文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

大橋博樹「かかりつけ医のお仕事~家族を診る専門医~」

医療・健康・介護のコラム

コロナ陽性の50代男性、自宅で悪化したが入院拒否……理由は母の介護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの第4波によって、各地で感染者が増えてきました。入院できる病床がひっ迫し、入院が必要な状態でも自宅や宿泊施設での療養を余儀なくされているケースも増えてきています。自宅療養者へのケアでは、急変をいかに早く察知して、適切な処置や入院につなげることが重要ですが、実はもう一つ大切な視点があります。これは私の地域で実際に起こった例です。

コロナ陽性の50代男性、自宅で悪化したが入院拒否……理由は母の介護

イラスト:赤田咲子

濃厚接触者の母親の預け先が見つからない

 50代の男性が80代のお母さんと2人暮らしをしていました。お母さんは認知症があるものの、ヘルパー等の介護保険のサービスを利用することもなく、穏やかに過ごしていました。ある日、この息子さんが新型コロナ感染症にかかってしまいました。当初は症状も軽度であり、自宅療養していましたが、発症3日後に急に呼吸が苦しくなりました。貸し出されたパルスオキシメーター(血中の酸素濃度を測る機器)の値も悪くなり、電話で対応した保健所の職員はすぐに入院先を探し、救急車を自宅に向かわせました。

 幸い受け入れ先も見つかり、保健所の職員もほっとしていたのですが、救急隊から思わぬ連絡が入ってきました。本人が入院を拒否しているというのです。自分が入院したら、母親を見る人がいない、置いて行けないというのがその理由でした。普段であれば、お母さんを一時的にショートステイなどで介護することが可能です。しかし、お母さんは濃厚接触者ということになるため、施設で受け入れることは、かなり難しい状況でした。

母親を訪問看護ステーションが引き受けて、息子は無事入院

 市の職員が近隣のヘルパー事業所に問い合わせましたが、やはり濃厚接触者を新規で訪問してくれる事業所を見つけることはできませんでした。数時間後、深夜になって、市内の訪問看護ステーションの看護師が、健康管理も含めてお母さんのケアを引き受けることとなり、息子さんも入院することができました。

 自宅療養者のケアは、本人のケアのみならず、同居者に高齢者や障がい者等、介護が必要な方がいる場合は、その方のケアも考えなければならないのです。今までは、そこまで目が届かなかったのが正直なところでしたが、流行が長期間になり、より広い視点を持ったケアが必要となってきました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ohashi-hiroki_profile

大橋博樹(おおはし・ひろき)

多摩ファミリークリニック院長、日本プライマリ・ケア連合学会副理事長。
1974年東京都中野区生まれ。獨協医大卒、武蔵野赤十字病院で臨床研修後、聖マリアンナ医大病院総合診療内科・救命救急センター、筑波大病院総合診療科、亀田総合病院家庭医診療科勤務の後、2006年、川崎市立多摩病院総合診療科医長。2010年、多摩ファミリークリニック開業。

大橋博樹「かかりつけ医のお仕事~家族を診る専門医~」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事