文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケア

医療・健康・介護のコラム

「私が喪主です」認知症の父、トンチンカンでも堂々と…さよなら母さん(下)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「私が喪主です」 トンチンカンでも堂々と、人生の伴侶を見送った認知症の父…さよなら母さん(下)

漫画・日野あかね

 3月に一家3人がコロナ感染し、そのてんまつを番外編としてお届けしてきました。その間、中断していた「さよなら母さん」編に、3か月ぶりに戻ります。

6人だけの家族葬…施設の全面協力で実現

 検案を終え、葬儀社の安置所に母さんが戻ってくると、葬儀の詳細を決めなければなりませんでした。葬儀社によれば、コロナ禍のため、現在は親族とごく親しい人だけで執り行う、いわゆる「家族葬」を選択する遺族が多いそうです。私もできることならば、参列者の対応に追われるよりも、父さんの介護をしながら家族全員で母さんを送り出せれば……と考えていました。

 ただ、父さんが入所している老人ホームは、外出どころか家族との面会すら禁止です。ダメ元で相談してみると、「お父様も『参加する』と強い意志がありますし、こちらもできる限り対応しますから、ご家族で見送ってあげてください」との返答が。この施設側の気遣いとリスクのある中での決断には、感謝しかありませんでした。

 こうして、私、父さん、夫のヒロさん、息子のたー君、ヒロさんの両親の6人だけの家族葬で母さんを送り出すことになりました。

母さんと涙の再会

 久々に帰宅した父さんは、半年以上も外出ができない生活が続いたせいか足腰が弱り、実家から徒歩2、3分の距離の葬儀場にも車椅子で向かいました。車椅子姿の父さんを見た葬儀社の人が「喪主はどちらが…」と、「喪主」と書かれた名札を手に私たちに聞いてきます。すると「私が喪主です」と、父さんが名札を受け取りました。

 その名札を胸に付けると、ひつぎに入った母さんに会いに行きました。認知症で感情のコントロールが難しくなっているはずなのに、取り乱すこともなく、静かに涙を流し、冷たくなった母さんの頬をさすっていました。

7歳児にお世話される喪主

 そんな堂々とした振る舞いで私たちを驚かせたのもつかの間、控室で出たお茶に「オレはコーヒー牛乳が飲みたいんだ!」と、喪主らしからぬ態度でイライラが全開。見かねたヒロさんがミルク入りの缶コーヒーを手渡すと、ガブガブと飲み干し、ご満悦の様子。それを見たたー君が「じいじ、わがままー」と私の心の声を代弁して、父さんが口から垂らしたコーヒーをティッシュで拭き、マスクをかけてあげます。

 たー君のけなげな姿にヒロさんの両親は驚いていました。もしも母さんが上から見ていたら、きっと「じいじと孫がアベコベなんだから!」とツッコミを入れていたに違いありません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

column_aruaru-200re

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケア

岡崎杏里(おかざき・あんり)
 ライター、エッセイスト
 1975年生まれ。23歳で始まった認知症の父親の介護と、卵巣がんを患った母親の看病の日々をつづったエッセー&コミック『笑う介護。』(漫画・松本ぷりっつ、成美堂出版)や『みんなの認知症』(同)などの著書がある。2011年に結婚、13年に長男を出産。介護と育児の日々を送りながら、雑誌などで介護に関する記事の執筆を行う。岡崎家で日夜、生まれる面白エピソードを紹介するブログ「続・『笑う介護。』」も人気。

hino-117-fin

日野あかね(ひの・あかね)
 漫画家
 北海道在住。2005年にステージ4の悪性リンパ腫と宣告された夫が、治療を受けて生還するまでを描いたコミックエッセー『のほほん亭主、がんになる。』(ぶんか社)を12年に出版。16年には、自宅で介護していた認知症の義母をみとった。現在は、レディースコミック『ほんとうに泣ける話』『家庭サスペンス』などでグルメ漫画を連載。看護師の資格を持ち、執筆の傍ら、グループホームで介護スタッフとして勤務している。

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケアの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事