文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

アスリートを支える<4>眼球守るフェースガード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 フットサル・Fリーグの「フウガドールすみだ」のゴールキーパー(GK)岸将太さん(25)は、試合でも練習でも、ユニホームの色に合わせた緑のフェースガードを装着してプレーする。ボールが目に当たって負傷するのを防ぐためだ。

アスリートを支える<4>眼球守るフェースガード

フェースガードを着ける岸さん(右)と外川さん。色合いもユニホームに合わせたという

 2019年6月23日の練習試合で、相手シュートが岸さんの右目を直撃した。「目の中が出血し、景色が黄色くなった」。翌日も状態は変わらず、眼科を受診すると、眼球打撲によって網膜の血流に異常が生じる網膜しんとうと診断された。「同じようにまた右目に当たったら危ない。失明の恐れもある」と告げられ、1か月ほど練習を休んだ。

 サッカーと比べてピッチ(プレーエリア)が狭いフットサルでは、GKが相手選手に至近距離からシュートを浴びることが多い。GKが反応しにくい顔の横を狙われることもあり、ボールが顔に当たりやすい。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事