文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント 磯野貴理子さん

一病息災

[タレント 磯野貴理子さん]脳梗塞(3)入院中も夕方にはお酒が恋しく…今はきっぱり断酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[タレント 磯野貴理子さん]脳梗塞(3)適量は無理きっぱり断酒

 

 50歳で脳 梗塞こうそく を患ったのをきっかけに、好きだったお酒をきっぱりやめた。

 医師からは、「お酒は適量なら、飲んでもいい」と説明された。

 しかし、「お酒は2合からが楽しくなるのに。そこで終わるのは、絶対無理。私には『適量』は難しいので、だったら、やめた方がいいと思いました」。

 入院前は、飲まない日はなかった。たとえば夕食のワインに始まり、大好きだったウイスキーへ。自分でも「飲み過ぎだな」とは感じていた。

 健康への影響も気にはなっていたが、健康診断でも肝機能の数値は悪くなかった。病気をしなかったら、やめるきっかけをつかむのは、なかなか難しかったと思う。

 入院中は当然、禁酒だが、夕方になるとお酒が恋しくなってしまう。飲みたい気持ちは、炭酸水を飲んで紛らわした。

 退院して間もない頃、お酒を飲む人と同席した際には、匂いだけかがせてもらっていた。「ワインでも芋焼酎でも、匂いをかいで、『ああ、この味知ってる。飲まなくていいわ』と、やり過ごしているうちに、だんだん飲まなくても平気になりました」

 フランス料理の高級食材も、ワインを飲まなくなったら、食べたいと思わなくなった。「お酒をやめて、食生活そのものが変わりましたね」

タレント 磯野いその貴理子(きりこ) さん(57)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント 磯野貴理子さん

最新記事