文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

アスリートを支える<1>髄液漏れ 自己血液注射

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
アスリートを支える<1>髄液漏れ 自己血液注射

当時の治療法を振り返る川村さん(左)と佐藤さん

 「うちでは手に負えない。もうスポーツはできなくなる」。3人制バスケットボールのプロチーム「HIUゼロケッツ」でプレーする佐藤マクファーレン優樹さん(28)は、4年前に大けがをした時に医師が発した言葉を今でも覚えている。

 2017年5月末、東京都内の体育館で行われた練習試合。シュートした際、相手選手と空中で接触し、コートにたたきつけられた。救急搬送された病院で検査したところ、腰の骨が4か所折れていた。

 5人制のBリーグが誕生した直後で、佐藤さんはBリーグ3部の「東京サンレーヴス」に所属していた。「バスケに人生をささげてきて、Bリーグが始まり、ここからが楽しみというところだったのに」と、大きなショックを受けた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事