文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

グリルカレースープ…大切なのは、野菜のもつ「甘み」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は「焼く」ことに注目しておいしいスープを作ってみましょう! 「グリルカレースープ」のご紹介です。

 おいしい野菜というと、新鮮さ、シャキシャキの食感、とろとろに煮た野菜などが思い浮かびます。このように食感も大切なポイントですが、もう一つ大切なことがあります。それは野菜のもつ「甘み」です。この甘みを引き出す調理のために必要となるのが「加熱」です。フライパンに油を入れることでより高温に、野菜を動かさずにじっくりと加熱し続けることで、温度を伝える。それによって野菜の甘みを引き出すことができるのです。つまり、いため物のように熱がかたよらないことが大切です。その際、おこげを作ろうとして焦がしてしまった!という失敗を防ぐために便利な食材を入れましょう。

 それはウィンナーやインゲンなどの食材。簡単にフライパンで転がしやすく、裏が焦げていないかの確認がしやすい丸い食材です。ウィンナーやインゲンの裏を確認して、焦げ目があれば、ジャガイモなどもいい感じに焦げ目がついているはずです。そこで火を止めましょう。おいしく作るちょっとしたポイントですね。

 さて、そんなインゲンは栄養素でも注目です。インゲンにはβカロテンが豊富に含まれているため、活性酸素の害から体を守ってくれたり、肌や粘膜を健康に保つ効果が期待できます。アミノ酸の一種であるアスパラギン酸は、エネルギー代謝に関わり、疲労回復やスタミナ増強に、リジンは肌や血管の健康に役立つと言われています。

 おいしくて栄養満点な野菜たっぷりのスープを楽しみましょう。

[作り方]

(1) タマネギは厚めの輪切り、ニンジンは厚めの斜め切り、ジャガイモとカボチャは厚めに切る。

(2) フライパンを強火で加熱し、サラダ油を入れてから、(1)の野菜とインゲン、ウィンナーを入れてフタをして焼いていく。両面を2~3分ずつ(この時点では焦げ目を両面に付けるだけ。火が通ってなくても大丈夫)

(3) 鍋を用意して、(2)の野菜とウィンナーと水を入れてひと煮立ちさせる。(A)の調味料を入れて中火で10分~30分煮込めば完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事