文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

青ノリアジフライ…できたての味は格別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、旬のアジをおいしくいただくレシピ「青ノリアジフライ」のご紹介です。肉厚でジューシーなアジ。できたての味は格別です。その1口目は、何度食べても感動。「なんておいしいんだ!」と毎回声が出てしまいます。

 さて、そんなアジフライに合わせるのが青ノリです。青ノリの風味は揚げ物と好相性です。よくスナック菓子やポテトフライに青ノリ味があるので、この組み合わせを味わったことがあるかと思います。揚げ物に青ノリの風味が足されることで、よりおいしくなるのです。

 アジの旬は、春~夏。うま味も強く、栄養素の高い魚です。脳細胞に作用すると言われているDHAや、血液の健康に役立つEPAなどを含み、高たんぱくで低脂肪、低カロリーな魚です。うま味成分であるアラニン、グリシン、グルタミン酸、イノシン酸を含んでいるので、おいしさを感じやすいのが特徴です。

 アジフライをおいしく作るポイントは、ずばり、卵を使うこと。溶き卵がアジを包み込み、油で揚げるときの膜になってくれるので、うま味を閉じ込めて、身をふっくらとジューシーに仕上げてくれるのです。片栗粉→卵→パン粉の順で、付ける衣を覚えておいてください。

 揚げたてアジフライの話をしていたら、なんだかおなかがすいてきましたね。それではおいしい青ノリアジフライを楽しみましょう!

[作り方]

(1) アジに片栗粉をまぶし、余分な粉は落としておく。溶き卵、パン粉の順で衣づけをする。

(2) フライパン底から3cm分の油を注ぎ、180度に加熱、魚を揚げていく。

(3) 片面を3分ずつ揚げていき、きつね色になれば取り出す。揚げたてに青ノリをかけて完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事