文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

カリカリ梅とシラスの混ぜご飯…栄養も、しっかりと取れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は栄養満点な上に、食感と香りのバランスがおいしいレシピ「カリカリ梅とシラスの混ぜご飯」のご紹介です。

 人気のある手作りふりかけ。子どもたちの栄養も、しっかりと取れるので重宝しています。カツオ節を使ったおかか味も定番ですが、夏の時期には、この混ぜご飯が登場します。さっぱりとした味、大葉が香る味が、食欲増進につながります。

 ポイントはカリカリ梅です。コンビニのお菓子コーナーに、小袋で売っているものと同じものです。包丁で切り込みを入れると、簡単に実から種を外すことができます。カリカリの食感に、すっぱさがアクセントとなります。給食だと量が決められているので、「もっとたっぷりとかけたのが食べたい! レシピを教えて!」とよく聞きにくる子どもがよくいます。

 ゴマ油としょうゆでいためて、大葉を入れれば完成するので、簡単なのがうれしいですね。大葉と梅は、時間差でおいしさを感じることのできる組み合わせです。先に大葉の香りがふわっとして、梅はしっかりとかむことで、味が広がる。相性の良い組み合わせです。爽やかな香りが鼻から抜けると、思わず笑顔になりますね。

 そんな大葉には、栄養もたっぷりと含まれています。カロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。香り成分のペリルアルデヒドには、高い防腐効果と抗酸化作用があるので、食中毒の防止からも食べていきたい野菜です。このおいしさと栄養価は、大人にもすすめたいです。簡単でおいしいふりかけを楽しみましょう。

[作り方]

(1) ニンジンと大葉はせん切り、カリカリ梅は包丁で切り込みを入れて、種を実から外して細かく切る。

(2) フライパンを強火で加熱、ゴマ油を入れて、ニンジンを2分ほどいためる。

(3) シラスとカリカリ梅としょうゆを入れて1分ほどいためたら、火を止めて大葉を加えれば完成。ご飯に混ぜて食べる。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事