文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー

医療・健康・介護のコラム

空き缶やゴミとエレベーター移動も…スタジアムに多いバリアはどう解消? 五輪・パラに向けて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヨミドクターをご覧のみなさま、サービス介助士インストラクターの冨樫正義です。オリンピック・パラリンピックの開幕まで100日を切りました。メイン会場の国立競技場をはじめ各競技場の整備も終わり、あとは開幕を待つだけでしょう。様々な方をおもてなしするための準備も進んでおり、国立競技場では車いす使用者向けの席もオリンピックでは500席、パラリンピックでは747席を用意していますし、トイレも男性用、女性用、車いす使用者用トイレ、男性女性共用トイレ、補助犬用トイレと多様です。

 今までの「多機能トイレ」は様々な方が利用することを想定して、文字通り多機能でしたが、かえって利用者が集中して混雑してしまうことがありました。そのため今では、機能を細かく分散して設置することが推進され、それらを「バリアフリートイレ」と総称しています。国立競技場を訪れた際は、ぜひ多様なトイレにも注目してください。

 このように設備が充実した一方で、運用面はいかがでしょうか。注意したい点をみていきましょう。

替えトイレットペーパーに手が届かない

空き缶やゴミとエレベーター移動も…スタジアムに多いバリアはどう解消? 五輪・パラに向けて

替えトイレットペーパーの置かれた位置が高く、車いすからは届きにくい

 もともと多機能トイレは車いす使用者が使用しやすいよう、十分なスペースを確保したことから進化してきました。しかしながら、車いす使用者が使いづらい足踏み式のゴミ箱が設置されているようなケースが、今でも見られます。また、取り替え用のトイレットペーパーや手指消毒用のアルコールが置いてある位置が高く、車いす使用者には届きにくいこともあります。誰もが届きやすい場所に設置してほしいものです。

 使う側の問題もあります。便座を上げたり、可動式の手すりを動かしたり、簡易ベッドを使ったりした場合は、必ず元の位置に戻すようにしましょう。腕を上げるのが難しい人にとっては、便座を下げるのは大変ですし、簡易ベッドが広がって倒れていると、車いす使用者が移動しにくくなります。

点字ブロック上にイベント用テントが…

空き缶やゴミとエレベーター移動も…スタジアムに多いバリアはどう解消? 五輪・パラに向けて

点字ブロックの上に仮設の建造物が設置されている

 視覚障害者誘導用ブロック(点字ブロック)の上に、イベント用テントなどが設置されているのを見かけることがあります。使う人のことを考え、点字ブロック上には物を置かないようにしましょう。

「並びにくい」にも事情は様々

空き缶やゴミとエレベーター移動も…スタジアムに多いバリアはどう解消? 五輪・パラに向けて

整列しにくい人がいることも考慮したい

 売店などの前に、ポールとベルトを使用したり、床にテープを貼ったりして並ぶ場所を示すケースがあります。車いす使用者にとっては、ポールとベルトを使うと横幅が狭くなるため、床にテープで示した方が並びやすくなります。しかし反対に、視覚障害者などには、触れるところがないと並びにくい人もいます。また、視覚障害者は、前の人が進んでも気づかないことがあります。このように、並ぶことへの困難は様々ですので、全ての人が同じように並ぶのではなく、実際には並ばなくても順番を決めておき、その人の順番が来たら注文を受けるなど、個別の対応もあるとよいでしょう。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

carefit-togashi_prof

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー

冨樫 正義(とがし・まさよし)

冨樫 正義(とがし・まさよし)
 1973年、埼玉県生まれ。桜美林大学大学院卒(老年学研究科修士号)。東洋大学国際観光学部非常勤講師。法律事務所、不動産関係会社、人事コンサルタント、専門学校講師を経て、現在、サービス介助士、防災介助士、認知症介助士などを認定・運営する団体「公益財団法人日本ケアフィット共育機構」(0120‐0610‐64)のインストラクターとして、年間50社以上の企業対象研修を担当するほか、企業のバリアフリー・ユニバーサルデザインのコンサルティングも行う。

平野 恵(ひらの・めぐみ)

平野 恵(ひらの・めぐみ)
 視覚障害と軽度の移動機能障害がある。2歳から4歳まで盲学校幼稚部、その後、小学校から高校まで養護学校(現在の特別支援学校)に通い、高校まで車いすを使用して生活をしていたが、大学入学後の訓練を経て、現在では白杖のみで歩行している。日本ケアフィット共育機構事務局に勤務。サービス介助士アドバイザー。

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナーの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事