文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活

医療・健康・介護のコラム

旅館のような華やかな食事は、本当に健康的と言えるのでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 先日、SNSを眺めていたら、ある芸能人が朝食の写真を投稿していました。その写真につけられたコメントには「まるで旅館の朝食みたいですね」「健康的で素晴らしい」「こんなにたくさんの品数を用意するなんてすごい」などと称賛する言葉が並んでいました。しかし、「管理栄養士の視点」でその献立を見たときにまず感じたのは、「1食分の塩分量が多そうだな」という印象でした。

 私たち管理栄養士はいつも栄養のバランスを気にして献立を立てています。なるべく過不足なく必要栄養量を満たすために、食材を入れ替えたり肉や魚の種類や部位を変えたり、調理法や味付けを工夫したりしています。その時、特定の栄養素や塩分が過剰にならないように注意していますが、一般の方は「品数が多ければ多いほど健康的」と考える傾向にあるのではないでしょうか。

イメージが先行する「健康的な食事」

 若い女性のインスタグラムにはこんな写真が投稿されていました。玄米を使った定食の写真です。玄米ご飯、サバのみそ煮、みそ汁、漬物、お浸し。さらに「ご自由にどうぞ」と置かれた「ふりかけ」です。ざっと見積もっても、この1食で5gほどの塩分量になりそうです。玄米を炊く際、風味をよくするために塩分が炊きこまれている場合があるので、そうなるとさらに塩分量は増えることでしょう。「玄米を使った健康定食」と思って完食すると、「塩分過多の不健康定食」になっているかもしれません。何をもって「健康的」と考えるかはひとそれぞれだとは思いますが、栄養学的な評価はなおざりにして、あまりにも「イメージ」が先行している状況に危機感を覚えます。

 これはSNS 界隈(かいわい) だけの問題でなく、テレビなどでも特定の食品を食べると健康になれるかのような大げさな取り上げ方をしていることがあります。その食品が翌日、スーパーから姿を消すということも日常茶飯事ですね。それぞれの中に「健康的な食事の物差し」がないために、そういった情報に振り回されてしまうのではないでしょうか。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

塩野崎顔2_100

塩野崎淳子(しおのざき・じゅんこ)

 「訪問栄養サポートセンター仙台(むらた日帰り外科手術WOCクリニック内)」在宅訪問管理栄養士

 1978年、大阪府生まれ。2001年、女子栄養大学栄養学部卒。栄養士・管理栄養士・介護支援専門員。長期療養型病院勤務を経て、2010年、訪問看護ステーションの介護支援専門員(ケアマネジャー)として在宅療養者の支援を行う。現在は在宅訪問管理栄養士として活動。

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事