文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[心臓弁膜症のいま]<2>肋骨の間からカテーテル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 体力的に開胸手術が難しい高齢の患者の場合、カテーテル治療が選択肢になるが、血管が狭くなっていたり、もろくなっていたりすると、さらに工夫が必要になる。

[心臓弁膜症のいま]<2>肋骨の間からカテーテル

 東京都世田谷区の神谷和恵さん(93)は2018年11月に心筋 梗塞こうそく の治療を受けた際、心臓弁膜症が見つかった。

 入院していた東邦大学医療センター大橋病院(東京都目黒区)の循環器内科准教授、原英彦さんに「大動脈弁 狭窄きょうさく 症という病気です。左心室の出口にある『大動脈弁』が硬くなって開かなくなり、全身に血液を送り出しにくくなっています」と説明された。

 完治を目指すには、機能しなくなった弁を「人工弁」に取り換えるしかない。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事