文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

「ついさっきまで、まん延防止の認識だったのに」…急な緊急事態追加に戸惑い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「ついさっきまで、まん延防止の認識だったのに」…急な緊急事態追加に戸惑い

広島県庁

 北海道と岡山、広島の3道県が14日、急きょ、緊急事態宣言の対象に加えられることになった。3道県では4月下旬から感染者の増加が著しく、医療体制の 逼迫ひっぱく が懸念されており、より強力な措置で感染拡大の抑え込みを図る。

 「感染者が増えてきたので仕方がない。不要不急の外出を控えるなどして、できる限り協力したい」。札幌市清田区の会社員男性(65)は理解を示した。約2週間の発令期間については「短いと思う。1か月くらいやってもいい」と話した。

 JR札幌駅前の「センチュリーロイヤルホテル」では、「まん延防止等重点措置」による酒類提供自粛で、宿泊客だけでなくレストランの利用客も激減している。担当者は「さらなる影響は避けられない。いつまで 翻弄ほんろう されるのだろう」とため息をついた。

 現在は重点措置の対象地域に含まれていない函館市。観光スポットの函館朝市協同組合連合会の藤田公人理事長(67)は「函館は札幌などと比べて感染者が少ない。急な話で、道全体で発令されるとは思わなかった」と戸惑った様子だった。

 広島県は前日まで、重点措置の16日からの適用に向けた準備を進めていたが、14日午前9時過ぎ、政府から湯崎英彦知事に「緊急事態宣言の対象地域になった」との連絡が入ったという。担当課の職員は「ついさっきまで『まん延防止』の認識だったのに」と驚いていた。

 岡山県でも14日午前、県職員らが対応に追われた。5月6日以降、8日連続で新規感染者数が100人を超え、8日には過去最多の189人の感染が確認されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事