文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[続・思春期の側彎症]<5>医師の診療水準 向上を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

◇Q&A

[続・思春期の側彎症]<5>医師の診療水準 向上を

伊東学さん

  側彎そくわん 症診療の問題点について、日本側彎症学会理事長の伊東学さんに聞いた。

 ――診断後、適切な治療を受けられないケースが目立つのはなぜですか。

 「患者の背骨の傾きが最も大きい部位でつくる角度を『コブ角』と言い、25度未満だと経過観察となります。定期的にエックス線検査や医師による診察を受けます。しかし、湾曲が軽度なら、大半が無症状です。患者側も次第に通院しなくなる場合があります」

 ――医療側に問題はないのでしょうか。

 「湾曲している部位や、年齢などに応じて進行のリスクが異なり、経過観察の間、医師は注意深く進行の有無をチェックします。異変に気付いたら速やかに専門医につなぐべきです」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事