文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

高齢者向け接種「7月末までに完了」、1490自治体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、政府は12日、全国1741市区町村のうち、85・6%の1490自治体で、高齢者向け接種を政府目標の7月末までに完了する見通しだと発表した。対象となる65歳以上の高齢者約3600万人のうち、少なくとも約3000万人(84・5%)が接種を終える計算だ。

 接種完了が「8月中」と回答したのは185自治体(10・6%)、「9月以降」としたのは66自治体(3・8%)だった。政府は医師や看護師の確保などを支援し、接種を加速化したい考えだ。菅首相は「全ての皆さんが一日も早く接種できるように取り組んでいく」と首相官邸で記者団に強調した。

 都道府県別に見ると、7月末までに全自治体で接種完了するとしたのは、緊急事態宣言が発令されている京都や兵庫など17府県だった。宣言発令中の東京は67・7%、愛知は92・6%、大阪は90・7%、福岡は86・7%だった。

 高齢者向けの接種は4月12日に始まった。首相は同23日、7月末までに希望者への2回の接種を終える方針を表明し、5月7日には全国で1日100万回の接種を目指す考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事