[続・思春期の側彎症]<3>改善うたう誇大広告 注意

 「手術をしない 側彎そくわん 症治療」「カイロプラクティックで脊椎矯正」――。インターネットでは側彎症の改善をうたう広告が目を引く。医学的根拠が不明な宣伝もあり、注意が必要だ。

 札幌市内の女性アルバイト(26)は中学1年の学校健診を機に地元の病院で側彎症と診断された。治療方針が示されないまま大学生になり、「少しでも改善すれば」と母親がインターネットで見つけたカイロプラクティックの施設に通った。約10日間の集中的な治療で湾曲が改善されるとうたうコースだ。費用は100万円に上った。

 カイロプラクティックは1895年に米国で誕生した施術。背骨のゆがみを手技で調整することで、腰痛や肩こりなどの症状改善につなげるとされる。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

Outbrain

【教えて!ヨミドック】妊婦さんは葉酸を取った方がいいってホント?…無脳症などの障害や発育不全防ぐ

【一病息災】青木さやかさん パニック症(3)お守りのように持ち歩いていた薬 今は…

【知りたい!】粘り気強い鼻水が…治療難しい好酸球性副鼻腔炎 鼻茸切除とステロイドで症状コントロール

【ウェルネスとーく】[女優 しゅはまはるみさん](下)46歳でハリウッド進出!? 目標は高く掲げて自分を追い込め!

【医療相談室】生理痛で検査「子宮に壁」

【山口真弓の「子どものココロとカラダを育む簡単レシピ」】サツマイモの牛そぼろ煮…食べる日焼け止め食材

熱中症から子どもを守るには…「水がうまく飲めない」は要注意