文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

[補聴器の選び方]店舗や通販で購入、雑音が多く…相談医受診でぴったり満足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 読売新聞くらし面(西部本社版)の読者エッセー欄「私の日記から」に掲載された「主人に補聴器 会話でき感謝」(3月19日付)に、読者から多くの反響が寄せられた。年を取ると、誰もが聞こえが悪くなる可能性がある。投稿を基に補聴器の選び方を調べた。(高梨忍)

「日記」投稿に反響

投稿者の柳さん(左)と補聴器をつけた夫の信男さん。「ウグイスの声を2人で楽しめるようになりました」

 

投稿したのは山口県下松市の柳秋子さん(86)。夫の信男さん(91)は難聴で、補聴器が合わず諦めかけていたが、耳鼻咽喉科を受診してぴったりのものを購入できたと紹介した。掲載後「私も困っている」などの声が寄せられ、人の話が聞き取りにくいという同市の宮田美佐代さん(71)は「投稿を読み、受診しようかなと思いました」と伝えてくれた。

 改めて柳さんに取材したところ、信男さんの耳が悪くなったのは20年ほど前からで、心配した家族が時計店などで計3回、補聴器を買って贈ったという。しかし「雑音が多い」などと感じ、どれも使わなくなった。

「聞こえにくいと思ったら、補聴器相談医を受診して」と話す小林院長

 

信男さんを診察したのが、同市の耳鼻咽喉科医院の小林究院長(47)だ。日本耳鼻咽喉科学会認定の「補聴器相談医」で、昨年7月に受診した信男さんを「高度難聴で、右耳は難しいが、左耳は補聴器による改善が期待できる」と診断。「認定補聴器技能者」などの資格を持つ販売店のスタッフが、診断に沿って補聴器を選んだ。小林院長は「2か月ほどかけて慣れてから購入してもらいました」と振り返る。

2、3か月かけ音量調整

 

 日本補聴器工業会(東京)などによると、補聴器は誰でも店舗や通信販売で買えるが、耳鼻科を受診せず入手したものが合わないケースは多い。難聴の人は音の刺激が少ない状態に慣れているため、いきなり普通の音量で使うとうるさく感じる。まず小さめに設定し、慣れ具合に応じて大きくする手順が必要で、その人に合わせるのには2、3か月かかる。全国に4000人以上いる補聴器相談医が難聴の程度を診断したうえで、資格を持った販売店スタッフが診断に応じた機器を選び、調整することが望ましい。

 補聴器の年間出荷数は増加傾向にあり、昨年は56万3257台。購入時のトラブルも相次いでおり、国民生活センターによると、2019年度に全国の消費生活センターへ寄せられた相談は628件で、前年度より約16%増えた。「我慢できないほどうるさい」「店の勧めで約40万円で購入した後、耳鼻科で検査したら補聴器の必要はないと言われた」などの声があった。

 購入から7か月たち、信男さんは「耳につけているのを忘れるほど慣れた」と満足そうだ。柳さんも「私たちのように助かる人が増えてほしい」と願っていた。

耳かけ・耳あな小型化進む

 

耳あな型補聴器の例(九州リオン提供)

 日本補聴器工業会によると、補聴器は主に「耳かけ型」と「耳あな型」の2種類がある。

 耳かけ型は、フックを耳に掛けてイヤホンを耳の穴に入れる。近年は小型化が進み、出荷数の約7割を占める。

 耳あな型はより小さく、耳の穴に入れて使う。穴の形や聞こえの程度に応じて作るオーダーメイドが一般的。耳かけ型より高額だが、マスクの着脱時に外れる心配が少ないことから選ぶ人が増えているそうだ。

九州リオンに並ぶカラフルな耳かけ型補聴器 耳あな型補聴器の例(九州リオン提供)

 

九州・山口で補聴器販売店「リオネットセンター」を展開する「九州リオン」(福岡市)では約100種類をそろえ、価格は15万~20万円が中心。近年は赤や紫などカラフルなものも人気が高いという。営業業務課長の竹松知紀さん(44)は「見た目もおしゃれで、ワイヤレスイヤホンのような感覚で使えます」と話す。

◇ 

 補聴器の購入は保険適用にならないが、難聴と診断されれば障害者総合支援法に基づいた支給制度があり、高度難聴の場合、原則1割負担で購入できる。軽度、中等度でも、補聴器相談医が記入した書類を提出すれば、確定申告時に医療費控除の対象となる。独自の助成をしている自治体もある。

聞こえチェック

  日本補聴器販売店協会(東京)が厚生労働省委託事業の一環で作成したチェックシートリスト。該当項目が3~4個の場合は耳鼻咽喉科での相談を、5個以上なら早めの受診をすすめている。

 □会話をしている時に聞き返す

 □後ろから呼びかけられると、気づかないことがある

 □聞き間違いが多い

 □話し声が大きいと言われる

 □見えないところからの車の接近に気づかない

 □電子レンジなどの電子音が聞こえない

 □耳鳴りがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事