文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[続・思春期の側彎症]<1>40代で手術「早ければ…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[続・思春期の側彎症]<1>40代で手術「早ければ…」

仕事の後、週に4、5回はジムで汗を流す田中さん

id=20210509-249-OYT8I50034,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

手術前に撮影した田中さんのエックス線画像

 「『昔、 側彎そくわん 症と言われたことがある』という方は、一度ぜひ専門医の話を聞いて」

 2月に連載した「思春期の側彎症」の記事に、三重県内に住むケアマネジャーの田中知美さん(49)からメールが届いた。48歳で手術を受けた体験からの言葉だった。

 側彎症はねじれを伴い背骨が左右に曲がる病気で、多くは無症状のまま進行する。田中さんが診断されたのは35年以上前、中学2年の時だった。関西地方の大学病院の医師は「成長は止まっている。様子を見たら」と言った。その後、結婚、出産、子育てと、20歳代は慌ただしく過ぎた。

 職場の健診では毎年「側彎症」と指摘され、40歳頃には背骨の変形が目立ってきたが「痛みもなく、意識しなかった」という。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事