文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

柵のないため池で釣り、父子死亡…水面に浮かんだ息子を母親が発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 9日午後3時40分頃、香川県丸亀市綾歌町のため池で、「人が落ちている」と近隣住民から110番があった。駆けつけた救急隊員が、水中に沈んでいる同県綾川町の 十河とうごう 崇行さん(33)と、水面に浮かんでいる小学1年の息子、 桜雅おうが 君(6)を発見。十河さんは現場で、桜雅君は搬送先の病院でいずれも死亡が確認された。

柵のないため池で釣り、父子死亡…水面に浮かんだ息子を母親が発見

香川県警

 丸亀署の発表によると、ため池の水深は約6メートル。周囲に柵はなかった。父子で釣りに来ていたが、帰宅が遅いため、妻が現場に行き桜雅君を見つけ、近くの住民が通報したという。同署は誤って転落した可能性があるとみて調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事