文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

【独自】入院待機中に8人死亡…高齢者施設クラスター40人、入院10人だけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪府門真市の高齢者施設(定員44人)で新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生し、多数の入所者が死亡した問題で、感染した入所者約40人のうち、医療機関に入院できたのは10人にとどまっていたことがわかった。死者の半数以上にあたる8人は入院先が決まらず、待機中に亡くなった。

【独自】入院待機中に8人死亡…高齢者施設クラスター40人、入院10人だけ

 府守口保健所によると、4月12日に入所者4人と職員1人の計5人が感染したと届け出があった。その後、施設内で感染が拡大し入所者と職員計61人の陽性が判明した。保健所は感染した入所者約40人について、府のフォローアップセンターを通じ入院先を探したが、病床に空きがなく10人しか入院できなかったという。

 施設のホームページなどによると、同21日に入院先が決まらず療養中だった1人が救急搬送先で死亡。これまでに60歳代2人、70歳代1人、80歳代6人、90歳代以上4人の合わせて13人が亡くなった。

     ◇

 門真市は7日、「14人」としていた同施設の死者数を「13人」に訂正した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事