文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

医療・健康・介護のコラム

スポーツで首を強打。後遺症のリスクを減らすため、周囲が心がける対処法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 緊急事態宣言下でのゴールデンウィークが明けました。外で体を動かしたくなる季節になったというのに、なかなかスポーツに打ち込みづらい環境です。プロゴルフで松山英樹選手のマスターズ・トーナメント制覇、水泳界からは池江瑠花子選手の日本選手権での活躍など、スポーツの明るいニュースもありましたが、先行きの見えない新型コロナウイルス感染症の状況では、なかなか心が晴れ切ることがありません。

 誰もが元気にスポーツができる日を心待ちにしながら、今回は、 頚椎(けいつい) をけがした場合(頚椎のけがを疑う場合)、後遺症のリスクを抑えながら運び出す際の注意点についてお話しします。

 Kさんは、大学でラグビーを行っています。試合中にタックルにいったとき、首から頭にかけて強い衝撃を受け、起き上がれない状態になりました。意識ははっきりしていますが、両手足がしびれて動かない様子です。プレーは中断され、メディカルスタッフが駆け寄ってきました。

首のけがでは四肢に麻痺症状が出ることがある

 頚椎と頚髄、これは似た言葉ですが異なります。頚椎は首にある骨を指します。一方、頚髄とは脳から続く中枢神経の首を通る部分を指します。頚髄が損傷を受けると、四肢に 麻痺(まひ) 症状が出現し、後遺症として残ることが少なくありません。麻痺の部位や重症度は、損傷した部位やその程度により異なります。多くの場合、頚椎が骨折や脱臼などをすることで、頚髄も損傷してしまいます。

スポーツで首を強打。後遺症のリスクを減らすため、周囲が心がける対処法とは

 ラグビー、アメリカンフットボール、柔道、相撲などのコンタクトスポーツでは、頚椎にけがをしやすくなります。そのほか、体操競技やスノーボードのジャンプなど、高所から転落の危険があるスポーツでも発生します。

予防に加え、周囲の適切な対処が必要に

 まずは、けがの予防が大切です。コンタクトスポーツでは、首回りの筋力強化、タックルしたり、相手選手にぶつかったりするときの正確な姿勢、倒れた際の受け身の習得などは、けがを回避するための基本です。高いジャンプを要する競技では、空中での自分のポジションの正確な把握に加え、自分の技量に見合っていない無理な技には挑戦しないことなども大切です。

 浅いプールへの飛び込みにも危険が伴うため、近年、学校の水泳の授業では、飛び込みをしないことになっています。

 万が一、首などを強打して、けがの可能性がある場合、現場で損傷部の状態を悪化させないよう、頚椎を適切に保護して、医療機関に搬送する必要があります。イラストはMILS(Manual in  Line  Stabilization;ミルズ)と呼ばれる、頚部が動かないよう頭側から保持する方法です。一人がこの体勢を取って安定させて、別の人が首の周辺を固定させる「頚椎カラー」を装着します。

スポーツで首を強打。後遺症のリスクを減らすため、周囲が心がける対処法とは

 担架に乗せる際にも、首の位置を動かさないように気をつけて、頚椎の位置を保持します。イラストのように、患者の体を横向きにして乗せるログロール法、体全体を浮かせて足から担架を入れるリフト&スライド法などを活用することで、可能な限り、負担がかからないように気を付けます。

スポーツで首を強打。後遺症のリスクを減らすため、周囲が心がける対処法とは

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki- nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス (けん) 断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「スポーツ医学検定」を開催している。現在、読売巨人軍チームドクター、栗田工業ウォーターガッシュ、拓殖大学ラグビー部、文京ラグビースクールでメディカル担当。19年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクター、東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事