文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

2020年度の社債発行、過去最高の16兆円…コロナ禍で収入激減の業種目立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2020年度に企業が国内で発行した社債額が16兆円超となり、過去最高となったことがわかった。コロナ禍で企業の資金需要が高まっているのに加え、日本銀行が社債の買い入れ対象を拡大したことで、発行する企業側と購入する投資家側の双方に安心感が広がった。発行は当面、高水準で推移するとみられている。

2020年度の社債発行、過去最高の16兆円…コロナ禍で収入激減の業種目立つ

 SMBC日興証券のまとめによると、20年度の社債発行額は約16兆円となり、19年度(約15兆5600億円)に続き2年連続で過去最高を更新した。目立ったのは、鉄道などコロナ禍で需要が蒸発し、収入が激減した業種だ。JR東日本は総額4300億円、西日本は3300億円の社債を発行した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事