文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

「余命宣告はわざと短めにする」って本当ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「余命宣告はわざと短めにする」って本当ですか?

イラスト:さかいゆは

 「あなたに残された命は○か月です」というセリフ、ドラマで見かけることはありますが、私自身はこのような言い方をしたことはありません。

 腫瘍内科医として、これまでに多くの患者さんを 看取(みと) ってきましたが、自分の患者さんがいつ旅立つかというのは、簡単に予測できるものではありません。「余命はわからない」というのが、最も正確な説明となります。もし、患者さんの運命が正確にわかるのであれば、その情報はお伝えした方がよいのかもしれませんが、神様でもない医者に、患者さんの運命を見通すことはできません。どのような経過をたどるのか、治療がどのような効果をもたらすのか、副作用がどうなのかも、正確には予測できないというのが医療というものです。想定外のこともたくさん起こりますし、急に状態が悪化することもあれば、奇跡と思えるような経過をたどる患者さんもおられます。

 人生そのものがそうであるように、医療でも、確実な未来を言い当てることはできません。「医療の不確実性」という言い方をすることもあります。少なくとも、医者が神様のように運命を知っていて、その重大な事実を本人に「宣告」するという「余命宣告」のイメージは正しくありません。

SNSによく見かける「余命を過ぎても元気」

 それでも、「余命宣告」を受けたという患者さんや家族のコメントは、SNSなどでもよく見かけます。宣告された余命を過ぎても元気にしている、というコメントもあります。宣告されたよりも余命が短かった、というコメントは出てきにくいこともあり、どちらかというと、「余命を短めに言われた」というコメントが目立ちます。

 実際に、医療現場で、どのように「余命宣告」がなされているのかはわかりませんが、宣告された余命が、実際より短いこともあれば長いこともあるでしょう。「短めに言っておけば、それより長く生きたときに感謝してもらえる」「長めに言って、実際に短かったときに医療ミスと言われかねない」というような意識が、医者側にないとも言い切れませんが、そもそも、正確な余命宣告はできない、と理解するのがよさそうです。

 正確なことはわからないとしても、自分がこの先どうなっていく可能性があるのか、ある程度知っておきたいという患者さんは多いでしょう。「医療の不確実性」の中で、今後の見通しをどのように伝えるか、というのが重要なポイントとなります。患者さんから、余命について聞かれたとき、私は、ある程度の幅を持って、可能性をお伝えしています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事