文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ファイザー製ワクチン、米では使用対象を「16歳以上」から「12歳以上」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ファイザー製ワクチン、米では使用対象を「16歳以上」から「12歳以上」に

ファイザー製のコロナワクチン

 【ワシントン=船越翔】米CNNテレビなど複数の米メディアは3日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、米食品医薬品局(FDA)が週内にも緊急使用許可の対象年齢を、現状の「16歳以上」から「12歳以上」に引き下げる方針だと報じた。

 ファイザーは、米国内の12~15歳の約2300人に実施した臨床試験で100%の予防効果を確認し、深刻な副反応も見られなかったとして、FDAに対象年齢の変更を求めていた。同社は生後6か月~11歳を対象とした臨床試験にも着手している。

 ミシガン州など一部地域では、学校内での活動が原因とみられる子供の感染が相次ぎ、ワクチン接種を求める声が高まっている。

 米バイオ企業モデルナも、18歳以上に限られているワクチンの接種対象を広げるため、12~17歳向けと生後6か月~12歳未満向けの臨床試験を進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事