文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

関節リウマチとお金<4>妊婦に公的助成必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 愛知県知立市の林英津子さん(41)は30歳だった2010年夏、標準的な抗リウマチ薬メトトレキサート(MTX)の服用をやめた。

 リウマチを発症した25歳の時から飲んでいたMTXは、おなかの赤ちゃんに悪影響を与える恐れがあり、妊娠中の使用は禁忌だ。近くの秋田病院のかかりつけ医、加藤知里さんに「そろそろ赤ちゃんがほしい」と話すと、休薬を勧められた。

 一方、病気を引き起こす物質の働きを抑える生物学的製剤(生物製剤)を併用していたが、妊娠に悪影響はないとして継続することになった。2週に1回注射するタイプで、毎月の自己負担は3割負担で約3万7000円と高額だ。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事