文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

連休初日、東京から3県への移動は昨年比48~81%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 3回目の緊急事態宣言が東京都などに発令されているが、5連休初日の1日の4都県(東京、埼玉、千葉、神奈川)は昨年の同時期と比べ、都県境をまたぐ人の移動が増えた。

連休初日、東京から3県への移動は昨年比48~81%増

 携帯電話の位置情報から滞在人口を推計するNTTドコモの「モバイル空間統計」のデータによると、1日午後3時台に東京から3県に移動した人は、1回目の宣言発令中だった昨年の5連休初日の5月2日より48~81%増加。3県から東京を訪れた人も50~67%増えていた。

 一方、宣言発令前日となった1週間前(今年4月24日)の土曜日と比べても、東京から3県に移動した人は4~10%増加。ただ、3県から東京を訪れた人は24~27%減少していた。

 政府は新型コロナウイルス感染を抑えるため、3回目となる宣言を発令し、大型連休中の不要不急の外出、行楽、帰省を控えるよう強く呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事