文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

持病ない46歳男性、ワクチン接種翌日に大動脈解離で死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は30日、新型コロナウイルスのワクチン接種後、新たに40~100歳代の男女9人が死亡したと公表した。接種後の死亡は計19人となった。厚労省の有識者検討会は、接種との因果関係は「評価できない」とし、現時点でワクチンの接種への重大な懸念はないとしている。

 27日までに、新たに死亡が報告された9人のうち、46歳男性に持病はなかったが、接種翌日に急性大動脈解離で亡くなった。90歳女性は接種後、急性アレルギー反応のアナフィラキシー疑いとして医療機関から報告があったが、2日後に肺血栓 塞栓そくせん 症で死亡した。

持病ない46歳男性、ワクチン接種翌日に大動脈解離で死亡

ワクチン

 国内では22日までに、米ファイザー製ワクチンで、251万7045回(うち一般高齢者5万1479回)の接種が行われ、国際基準に基づき、94件がアナフィラキシーと判断された。発生頻度は接種10万回あたり3・7件。死亡した90歳女性のケースが国際基準に該当するかは今後調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事