文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

【独自】ドン・ファン元妻、事件直前に覚醒剤密売人と接触か…口論絶えず離婚迫られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2018年5月、和歌山県田辺市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた会社経営者野崎幸助さん(当時77歳)が急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、殺人などの容疑で逮捕された元妻の須藤早貴容疑者(25)が、結婚後に覚醒剤の密売人と接触を始めていたことが、捜査関係者への取材でわかった。須藤容疑者は新婚3か月で離婚を迫られており、県警が関連を調べている。

【独自】ドン・ファン元妻、事件直前に覚醒剤密売人と接触か…口論絶えず離婚迫られる

送検される須藤早貴容疑者(29日午前、和歌山県田辺市で)=東直哉撮影

 県警は29日、須藤容疑者を殺人と覚醒剤取締法違反の両容疑で和歌山地検に送検した。

 発表では、須藤容疑者は同年5月24日、田辺市内の自宅で何らかの方法で野崎さんに致死量を超える覚醒剤を飲ませて急性覚醒剤中毒にさせ、殺害した疑い。

 捜査関係者によると、県警が須藤容疑者のスマートフォンを解析するなどした結果、インターネットで覚醒剤について検索するようになったのは結婚後で、実際にSNSで覚醒剤の密売人とやり取りし、田辺市内で会ったのは事件直前だったことが判明した。

 また、関係者によると、野崎さんは須藤容疑者に毎月100万円支払う約束で結婚しており、この「契約」に須藤容疑者は満足した様子だったという。その後、須藤容疑者が家に寄りつかず、頻繁に東京へ出かけることなどから口論が絶えなくなり、事件前には不満を募らせた野崎さんが離婚を持ちかけていたという。

 野崎さんは預貯金や有価証券など約13億円の資産を保有しており、野崎さんが亡くなれば、須藤容疑者には半分の約6億5000万円の分与を求める権利があった。県警は須藤容疑者が離婚で毎月の100万円や遺産が受け取れなくなることを恐れたことが背景にあるとみている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事