文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

中四国、感染飛び火を警戒…広島はPCRキット配布・兵庫知事「医療はパンク状態」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染拡大で、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に3度目の緊急事態宣言が出される中、29日からスタートする大型連休。感染が飛び火しつつある中四国の自治体は、往来自粛を呼びかけるとともに、新たな感染対策を進めるなど「二段構え」で感染拡大を防ぐ。

中四国に危機感

 

中四国、感染飛び火を警戒…広島はPCRキット配布・兵庫知事「医療はパンク状態」

JR福山駅前に設置されたPCR検査キットを無料配布する施設(広島県福山市で)

 広島県福山市のJR福山駅前に23日、「感染しない、させない、もちこまない」の看板を掲げたテントが設置された。広島県が県外と往来した人らにPCR検査キットを無料で配る施設で、担当者は「無症状の人を早く把握し、感染拡大を食い止めたい」と話す。

 近畿を中心に増え続ける感染者は中四国にも拡大している。厚生労働省によると、22日までの1週間の「人口10万人あたりの新規感染者数」は、徳島県が33・4人で最も深刻なステージ4。愛媛(19・5人)、福井(17・3人)、岡山(16・7人)各県もステージ3に達した。

 全国が一律に宣言の対象だった1年前に比べて、今年は対象地域が一部にとどまることから、人の動きも活発化することが予測される。

 連休中の航空各社の国内線の予約状況(23日時点)は全日空グループが前年同期比約4・5倍、日本航空グループが同約3・6倍。ある大手旅行会社の担当者は、宿泊施設などの予約について「コロナ禍前と比べて昨年はほぼ0%だったが、今年は20%程度はある」と明かす。

 各自治体は対策に頭を悩ませており、「まん延防止等重点措置」の適用を国と協議している徳島県は、帰省前の人らがPCR検査を受ける費用を26日から無償化。福井県は、県外と往来した家族がいる場合、家庭内で家族全員が2週間マスクを着用するよう県民に要請している。

4都府県、最後の訴え

 

 緊急事態宣言が発令されている4都府県の知事も28日、連休中の外出自粛を改めて呼びかけた。

 大阪府の吉村洋文知事は記者会見で「自宅で過ごし、レジャー目的で近隣県に行くことも控えて」と訴え、バーベキューやキャンプなどの自粛も求めた。

 京都府では、昨春の宣言時に比べJR京都駅周辺の人出が多く、西脇隆俊知事は「本当に必要な外出かを考え、命を守るための行動をとってほしい」と述べ、兵庫県の井戸敏三知事は「医療はパンク状態。大型連休に人出を抑えることがポイントだ」と危機感をにじませた。

 東京都の小池百合子知事も記者会見で「昨年のゴールデンウィークをもう一度思い出し、大切な期間をステイホームでお願いしたい」と訴えた。

 

大阪1260人 過去最多

 

 国内の新型コロナウイルス感染者は28日、47都道府県と空港検疫で新たに計5794人確認された。大阪府と福岡県では過去最多の感染が判明した。全国の重症者は前日から37人増えて953人になった。

 東京都では925人の感染が確認された。1日当たりの感染者が900人を上回ったのは1月28日(1065人)以来、3か月ぶり。

 大阪府の新規感染者は1260人だった。60~90歳代の男女14人が死亡し、このうち1人は感染判明後、療養先が決まる前に亡くなった。重症者は379人で過去最多を更新した。

 福岡県では440人の感染が判明。県が19~25日に行った抽出検査では感染者の約8割が変異ウイルスに感染。兵庫県は、過去2番目に多い600人だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事