文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

がん「10年生存率」59・4%、治療薬や手術技術が「この10年で進歩」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国立がん研究センターは27日、2008年にがんと診断された患者約24万人を分析した結果、10年生存率が59・4%だったと発表した。これまで発表された10年生存率は、がん専門病院の約9万人分をもとにしていたが、今回は07年に始まった院内がん登録と呼ばれる大規模なデータを初めて活用した。

 院内がん登録により、データを集計した病院数はこれまでの約20病院から240病院に増え、対象の患者数も2倍以上に増加。全国のがん治療の実態により近い結果と言えそうだ。

がん「10年生存率」59・4%、治療薬や手術技術が「この10年で進歩」

 部位別にみると、最も高かったのは、前立腺の98・7%で、乳房87・5%、子宮体部(内膜)83%が続いた。このほか主な臓器では、大腸が67・2%、胃66%、肺(非小細胞)34・5%、 膵臓すいぞう 6・5%だった。

 がんは5年生存が治療の目安とされているが、肝臓(肝細胞)がんや進行した乳がんなどは、5年以降も生存率が低下する傾向がみられた。

 今回、12~13年にがんと診断された人の5年生存率も同時に発表された。結果は67・3%と、前回の66・4%から微増していた。

 同センターは新たに、ウェブサイトで、性別や年代、病期、手術の有無などを入力すると、生存率が調べられるサービスも始めた。

 同センターの若尾文彦・がん対策情報センター長は「治療薬や手術技術などはこの10年で進歩しているので、今、診断された人の生存率は、さらに高くなる可能性がある」としている。

  ◆院内がん登録 =がん患者の平均的な経過を調べる統計で、現在は全国800超の医療機関が参加し、患者の約7割をカバーする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事