文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケア

医療・健康・介護のコラム

搬送先が見つからず、救急車を降りた夫…コロナ感染 我が家が直面した“医療崩壊”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

漫画・日野あかね

 先月はコラムをお休みして、ご心配をおかけしました。実は家族3人、新型コロナウイルスに感染してしまったのです。

 その時のことを、番外編としてお届けします(※情報は2021年3月時点)。

検査は「陰性」なのに…いきなり症状悪化

 3月上旬、3日前からせきと微熱があった夫のヒロさんが、かかりつけ医に電話で相談すると、発熱等診察予約センターを案内されました。そこから紹介された街のクリニックで新型コロナの抗原検査を受け、結果は陰性。せき止めと熱冷ましを4日分処方され、「薬を飲み切っても改善しない場合はPCR検査」という医師の判断のもと、家に帰ってきました。

 ところがその夜、ヒロさんの唇は紫色になり、ひどいせきで呼吸はやっとの状態に。熱は40度を超えています。驚いた私が#7119(救急相談センター)に電話すると、「すぐに救急車を呼んでください」との指示が。

 携帯を握る私の横で、昨年末に実家で母さんが亡くなっていたときの記憶がよみがえったのか、息子のたー君が、「父ちゃん死んじゃうの?」と泣いています。「父ちゃんは死なないから!」と、ギュッとたー君を抱きしめて、救急車を呼びました。

コロナ以外「受け入れ病院少ない」

 到着した救急隊員に抗原検査は陰性だったと伝えると、「今、コロナ以外の発熱の人を受け入れる病院が少ないんだよね……」と顔を曇らせます。

 ヒロさんを乗せた救急車は、30分以上も赤いランプをともしたまま、私たちのマンションの前から動きません。そのうちに「ピンポーン」とインターホンが鳴り、ヒロさんが救急隊員に支えられながら部屋に戻ってきました。

 4軒の病院に受け入れを断られ、車内の酸素吸入で呼吸が落ち着いてきたこともあり、自宅で様子を見ることになったというのです。「急変したら、また呼んでください」と去っていく救急隊の姿が、母さんがお風呂で亡くなっていたときのことと重なり、最悪の事態が頭をよぎりました。それからは、ヒロさんが心配で朝まで眠れませんでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

column_aruaru-200re

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケア

岡崎杏里(おかざき・あんり)
 ライター、エッセイスト
 1975年生まれ。23歳で始まった認知症の父親の介護と、卵巣がんを患った母親の看病の日々をつづったエッセー&コミック『笑う介護。』(漫画・松本ぷりっつ、成美堂出版)や『みんなの認知症』(同)などの著書がある。2011年に結婚、13年に長男を出産。介護と育児の日々を送りながら、雑誌などで介護に関する記事の執筆を行う。岡崎家で日夜、生まれる面白エピソードを紹介するブログ「続・『笑う介護。』」も人気。

hino-117-fin

日野あかね(ひの・あかね)
 漫画家
 北海道在住。2005年にステージ4の悪性リンパ腫と宣告された夫が、治療を受けて生還するまでを描いたコミックエッセー『のほほん亭主、がんになる。』(ぶんか社)を12年に出版。16年には、自宅で介護していた認知症の義母をみとった。現在は、レディースコミック『ほんとうに泣ける話』『家庭サスペンス』などでグルメ漫画を連載。看護師の資格を持ち、執筆の傍ら、グループホームで介護スタッフとして勤務している。

認知症×発達障害 岡崎家のトリプルケアの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

心配していました

ころころ

3月の掲載がなかったので心配していました。大変なことが続いて、つらかったことと思います。コロナ、すごい感染力にびっくりしています。私も特養に入所...

3月の掲載がなかったので心配していました。大変なことが続いて、つらかったことと思います。コロナ、すごい感染力にびっくりしています。私も特養に入所していた母を23日にコロナで亡くし、思わずコメントをしてしまいました。同じフロアで陽性者が一人出て、その翌日に母のほか4人が発熱。検査の結果、陽性。毎日、連絡はいただけましたが、病状は一進一退。ニュースでは、いろいろな薬を使って治療成績は上がってきていると聞いているのに、ヒロさんと同じく全く投薬などされていないと聞き、びっくり。後で聞くと「解熱剤は投与していたけれどやはり効かなくて」と言われ、二度びっくりしました。ヒロさんは発熱8日目で入院となりましたが、母は8日目に亡くなりました。家族全員で感染されたとのこと。回復しても症状は残るようですね。無理をせ、ず完全復活するまで待っています。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事