文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

東京「1日2000人超」試算も…変異ウイルス拡大に危機感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 変異した新型コロナウイルスの感染拡大に危機感が高まっている。

 東京都の新型コロナのモニタリング(監視)会議が22日開かれ、都内のほぼ全ての感染が英国型など感染力が強いとされる「N501Y」変異に置き換わった場合、2週間後には1日あたり新規感染者が2000人を超え、入院患者は6000人を突破するとの試算が示された。

東京「1日2000人超」試算も…変異ウイルス拡大に危機感

新型コロナの感染対策を呼びかける都職員ら(12日、東京都新宿区で)

id=20210423-249-OYT1I50033,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 都によると、4月12~18日の1週間の検査で、N501Y変異の占める割合は32・8%。国立感染症研究所は、5月上旬には首都圏でも関西と同様に感染者の8~9割が変異型に置き換わると推計している。

 都の22日の新規感染者数は861人、入院患者数は1689人。現在の増加ペースが続いた場合、1週間平均の1日あたり新規感染者は、2週間後に約1170人、4週間後に約2140人に達するという。国立国際医療研究センターの大曲貴夫・国際感染症センター長は「(変異型による)爆発的な感染拡大への厳重な警戒が必要だ」と語った。

 既にN501Y変異が主流となった大阪では、1日あたり新規感染者が21日には過去最多の1242人に達し、病床の 逼迫ひっぱく で救急医療の一部制限に追い込まれている。

 厚生労働省によると、全国でも20日までの1週間で新たに2352人の変異型の感染者を確認。前週の約1・5倍に上った。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事