文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

和歌山市内の飲食店に時短要請、知事「大阪からの流入防ぐ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 和歌山県の仁坂吉伸知事は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、和歌山市内の飲食店に午後9時までの営業時間短縮を要請した。期間は5月9日まで。仁坂知事は記者会見で「既に時短営業をしている大阪府などから客が流入するのを防ぐため」と説明した。今回は法に基づく要請ではないが、仁坂知事は今後、「まん延防止等重点措置」の和歌山市内への適用要請も視野に、政府と協議を進める方針も明らかにした。

和歌山市内の飲食店に時短要請、知事「大阪からの流入防ぐ」

和歌山県庁

 和歌山県内では20日に過去最多の55人の感染を確認。和歌山市は、人口10万人あたりの新規感染者が直近1週間で40・2人となり、感染状況を示す国の指標で最も深刻なステージ4(25人以上)に達している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事