文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

陰性の県民、茨城県「宿泊旅行費1泊1万円割り引きます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 茨城県は22日、新型コロナウイルスの陰性が確認された県民に限り、県内での宿泊旅行費を1人1泊当たり最大1万円割り引くと発表した。陰性証明を条件とした宿泊旅行の促進事業は、都道府県で初めてという。

陰性の県民、茨城県「宿泊旅行費1泊1万円割り引きます」

茨城県庁

 割引の対象は、5月10~31日の間に宿泊する旅行を予約し、予定日の1週間以内に受けたPCR検査か抗原定量検査で陰性とされた県民。県が旅行会社などに割引相当額を補助する。陽性だった場合のキャンセル料も、補助予定額を上限に県が負担する。

 県は延べ2万人の宿泊を想定している。独自の指針に基づき、1日あたりの新規感染者が100人に近づくなど、感染が拡大してきた場合は事業停止を検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事