文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

[意思決定]人生会議 その後<1>夫が残してくれた縁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[意思決定]人生会議 その後<1>夫が残してくれた縁

額縁のなかの夫、武田靖男さんと過ごした日々を語る妻の厚子さん(千葉県浦安市の自宅で)

 夫がいない。ただ、それだけのことが、受け入れられない。武田厚子さん(68)(千葉県浦安市)は、心の器からあふれ、こぼれる感情を持てあましている。

 元介護タクシードライバーの靖男さん(享年68)が肝硬変で亡くなり、半年が過ぎた今も――。

 チャー君(靖男さんの愛称)は留守にしているだけだ。今日、帰ってくるだろうか。いや、飼い猫のゴロウのなかに「10倍に濃縮されて」生きている。違う。1年3か月の闘病の末、チャー君は死んだ。でも、私が、それを認めていいの?

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事