文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村専門委員の「まるごと医療」

医療・健康・介護のコラム

専門医のデータベース構築へ 日本専門医機構が1期生の資格取得に合わせて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「マイページ」への入力を受験の前提に

専門医のデータベース構築へ 日本専門医機構が1期生の資格取得に合わせて

 日本専門医機構の寺本民生理事長は4月19日、オンラインで記者会見し、新専門医制度の第1期生が今年度、初の専門医認定試験を受ける際、同機構のデータベース「マイページ」に修了した研修情報を入力していることを受験の要件とすることを明らかにした。さらに5年ごとの専門医の資格更新の際にも、マイページに勤務実績の情報などを入力することも要件としたいとしている。

 また将来的には、従来の学会認定の専門医で同機構の認定を受けた医師についても、同意を得たうえでマイページへの登録を求めていく方針。登録が進めば、どの地域にどの分野の専門医が何人いるかが分かる全国規模の「専門医データベース」が構築されることになる。

学会認定専門医からの更新者もデータベースに登録を

 マイページは、専門医になるための研修を受けている医師(専攻医)が研修情報を登録するシステム。各領域学会の研修情報データと原則連携しているが、一部でシステムの連携が未完成であるという。このため、未入力の場合には、認定試験が実施される前の6月頃までに入力を終えるよう求める方針だ。試験に合格した医師の情報が毎年蓄積され、さらに更新情報も反映されていくことによって、「専門医」のデータベースが構築されることなる。

 このほか、従来の学会認定医で同機構認定の専門医資格を取得した医師は、これまでに4万7000人以上おり、さらに増えていく見通しという。これらの専門医に対しても、同意を得たうえでマイページへの参加を求めていきたい考えだ。

 寺本理事長は、「データベースの情報をどのように活用していくかなどはまだ決まっていないが、少なくとも機構としては、どの地域にどの分野の専門医が何人いるかをつかめることになり、重要なデータになると考えている」などと説明した。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-yoshihiko_profile

田村 良彦(たむら・よしひこ)

 読売新聞東京本社メディア局専門委員。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

田村専門委員の「まるごと医療」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事