文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

[熊本地震5年]赤ちゃんを救え<8>被災体験 未来に生かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 熊本地震の本震が発生した2016年4月16日、赤ちゃん38人を院外に送り出した後、熊本市民病院新生児集中治療室(NICU)のメンバーは、言い知れぬ喪失感を味わった。物が散乱し、壁に深い亀裂の入ったからっぽの病院。失ったものの大きさを痛感した。

[熊本地震5年]赤ちゃんを救え<8>被災体験 未来に生かす

新しくなったNICUで診療に当たる医師や看護師

 それから3年半が過ぎた2019年10月、移転新築された新病院が開院し、病院はすべての機能を取り戻した。

 「私には避難そのものよりも、新病院ができるまでが、とにかくつらかった」。新生児内科医師の猪俣慶さん(40)は振り返る。「私たちの病院を頼りにしていた患者さんとそのご家族に、不便で不安な思いをさせてしまった」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事